読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70-534ダウンロード、70-346日本語試験

 

NO.1 ある 組織 は Office 365 のテ ナン トを 展開 しま す 。
ユーザ ーゕ カウ ント は Windows Azure Active Directory の 同期 ツー ルを 使用 し て Office365 に同 期さ せる 必
要があ りま す 。
次のパ スワ ード ポリ シー を持っ てい ます:
- オン プレ ミス の Active Directory ドメ ゗ン サー ビス (AD DS )の ユー ザー ゕカ ウント のパ スワ ード は少 な
くと も 6 文字 以上 の長 さ です 。 - Office 365 のユ ー ザーゕ カウ ント のパ スワ ードは 少な くと も 8 文 字 以上
の長さ です 。
あ なたは ユーザー ゕカ ウン トが同 期される ことを確 認する 必要があ ります。 どのユ ーザーゕ カウント が
同期さ れま すか 。
A. 少な くと も 8 文 字の パ スワー ドの 長さ を持 つユ ーザー ゕカ ウン ト
B. ユ ーザ ーゕ カウ ントは ありま せ ん
C. すべて のユ ーザ ーゕ カ ウン ト
D. 少な くと も 14 文字 の パスワ ード の長 さを 持つ ユーザ ーゕ カウ ン ト
Answer: C

70-346日本語参考   70-346日本語受験   
Explanation:
After deploying ADFS tenant password policies are handled by the local Active Directory Environment, and not
Office 365 Azure. All users will be synchronized and will utilize the AD DS six character long password policy.
http://howdouc.blogspot.ca/ 2011 / 04 /active-directory-federation-services.html

NO.2 あ る会 社は Office365 テ ナン トを 持っ てい ま す。 ユ ーザ ー に Office 365 の PROPLUS クラ ゗ゕ ント を配
布する 予定 です 。
クラ゗ ゕン トマ シン は通 常゗ン ター ネッ ト? ゕク セ スを持 って いま せん 。
Office 365 PROPLUS の゗ ン ストー ルを ゕク テゖ ブに し、ラ ゗セ ンス がゕ クテ ゖブな まま であ るこ とを 確認
する必 要が あり ます 。
何をす べき か 。
A. Office 365 の PROPLUS ク ラ゗ゕ ント を有 効に する には、 一度 ゗ン ター ネッ トにク ラ゗ ゕン トコ ンピ ュー
タを接 続し ます 。そ の後 に 90 日ご とに 一度連 続し ます 。
B. Office 365 の PROPLUS ク ラ゗ゕ ント を有 効に する には 、 一 度゗ ンタ ーネ ッ トにク ラ゗ ゕン トコ ンピ ュー
タを接 続し ます 。そ の後 に 180 日 ごと に一 度連 続 します 。
C. Office 365 の PROPLUS ク ラ゗ゕ ント を有 効に する には 、 一 度だ け゗ ンタ ー ネット にク ラ゗ ゕン トコ ンピ
ュータ を接 続し ます 。
D. Office 365 の PROPLUS ク ラ゗ゕ ント を有 効に する には 、 一 度゗ ンタ ーネ ッ トにク ラ゗ ゕン トコ ンピ ュ ー
タを接 続し ます 。そ の後 に 365 日 ごと に一 度連 続 します 。
E. Office 365 の PROPLUS ク ラ゗ゕ ント を有 効に する には 、 一 度゗ ンタ ーネ ッ トにク ラ゗ ゕン トコ ンピ ュー
タを接 続し ます 。そ の後 に 30 日ご とに 一度連 続し ます 。
Answer: E

NO.3 DRAG DROP
同社は 、Active Directory ドメ゗ ンサ ービ スド メ゗ ンを持 って いま す 。 あ な たは 、Active Directory フ ェデレ
ーショ ンサ ービ スの シン グルサ ゗ン オン と( の AD FS )を実 施す る予 定で す 。
あなた は、 次の 要件 があ ります 。-servers は Windows Server2012 R2 で なけ れ ばなり ませ ん 。
サーバ ーは 、境 界ネ ット ワーク に配 置す る必 要が ありま す - ゗ ンタ ーネ ッ トに面 しま し た 。
-The ソリ ュー ショ ンは 、 少なく と も 105 の AD FS の信頼 関係 をサ ポー トし ている 必要 があ りま す 。
あ なたが 適切な役 割を展開 する必 要があり ます。各 レコー ドには、 複数回、 一度使 用、また は全くな い
こ ともで きます。 あなたは 、ペ゗ ン間の分 割バーを ドラッ グするか 、コンテ ンツを 視聴する にはスク ロ
ールす る必 要が ある かも しれま せん 。
Answer:

NO.4 あ なた はサ ンフ ラン シスコ とニ ュー ヨー クに オフゖ スを 構え てい る会 社のた めに Lync Online を展
開しま す 。 2 つの オフ ゖス が両方 とも ゗ン ター ネッ トに接 続し ます 。 オフ ゖ スの間 には プラ ゗ベ ート ネッ
トワー クリ ンク があ りま せん 。
ニュー ヨー クオ フゖ スの ユーザ ーは 彼ら が Lync Online を利 用し て、 サン フ ランシ スコ オフ ゖス のユ ーザ
ーにフ ゔ゗ ルを 転送 でき ないこ とを 報告 して いま す 。
あなた は両 方の オフ ゖス のユー ザー が Lync Online を使用 して フゔ ゗ル を転 送でき るこ とを 確認 する 必要
があり ます 。
あなた は何 をす べき か。
A. フゔ ゗ル を共 有す るた めのプ ラ゗ ベー トネ ット ワーク 接続 を作 成し ます 。
B. 伝 送制 御プ ロト コル(TCP )ポ ート 50040-50059 を開く よう にフ ゔ゗ ゕウ ォール を設 定し ます 。
C. Lync2013 を使 用す るよ うにす べて の Lync Online のクラ ゗ゕ ント をゕ ップ グレー ドし ます 。
D. 伝送制 御プ ロト コル (TCP )ポ ート 50060-50079 を開く よう にフ ゔ゗ ゕウ ォール を設 定し ます 。
Answer: B

70-346日本語オンライン   

JapanCertのMicrosoftの70-534ダウンロードを使ったら、君のMicrosoftの70-534ダウンロードに合格するという夢が叶えます。なぜなら、それはMicrosoftの70-534ダウンロードに関する必要なものを含まれるからです。JapanCertを選んだら、あなたは簡単に認定試験に合格することができますし、あなたはITエリートたちの一人になることもできます。まだ何を待っていますか。早速買いに行きましょう。

70-534試験番号:70-534ダウンロード
試験科目:「Architecting Microsoft Azure Solutions」
最近更新時間:2016-12-14
問題と解答:66

>> 70-534ダウンロード

 
70-346日本語試験番号:70-346日本語試験
試験科目:「Managing Office 365 Identities and Requirements (70-346日本語版)」
最近更新時間:2016-12-14
問題と解答:145

>> 70-346日本語試験

 

JapanCertのMicrosoftの70-346日本語試験を手に入れたら、輝い職業生涯を手に入れるのに等しくて、成功の鍵を手に入れるのに等しいです。君がMicrosoftの70-346日本語試験を購入したら、私たちは一年間で無料更新サービスを提供することができます。もし学習教材は問題があれば、或いは試験に不合格になる場合は、全額返金することを保証いたします。

IT業界の中でたくさんの野心的な専門家がいって、IT業界の中でより一層頂上まで一歩更に近く立ちたくてMicrosoftの70-534ダウンロードに参加して認可を得たくて、Microsoft の70-534ダウンロードが難度の高いので合格率も比較的低いです。Microsoftの70-534ダウンロードを申し込むのは賢明な選択で今のは競争の激しいIT業界では、絶えず自分を高めるべきです。しかし多くの選択肢があるので君はきっと悩んでいましょう。

JapanCertにIT業界のエリートのグループがあって、彼達は自分の経験と専門知識を使ってMicrosoft 70-346日本語試験に参加する方に対して問題集を研究続けています。君が後悔しないようにもっと少ないお金を使って大きな良い成果を取得するためにJapanCertを選択してください。JapanCertはまた一年間に無料なサービスを更新いたします。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.japancert.com/70-346J.html